HOME > 病名検索 > 気管支拡張症
気管支拡張症の鍼灸治療特色・方針・目標
気管支拡張症

肺の病気は多岐にわたります。当院は、多様な疾患に対し、患者さんの病状に応じて適切な治療を進めております。
当院を受診していただいた患者さんが、安心して治療を受けて「中国鍼灸にかかってよかった」と感じて頂ける様に環境を整えております。
また、当院では海外と緊密に連携を図るとともに、特に中国中医大学と連携をとり、患者さんが最も適切な環境で治療を受けられることを心がけております。
当院では呼吸器疾患全般の治療に対し、豊富な実績を有しています。慢性閉塞性肺疾、非結核性抗酸菌症、気管支喘息に対して積極的に取り組んでおります。

御挨拶
当院では肺の病気や呼吸器症状を有する患者さんに対して、質の高い治療を提供しております。経験豊富なチームスタッフが患者さん毎に病状や症状を判断した上で適切かつ質の高い治療を行っております。
当院の取り組み

当院の気管支拡張症の治療目的は、できるかぎりの回復の機会を提供することと完全な回復までの時間を短縮することです。気管支拡張症の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。
当院は気管支拡張症患者さんの期待に応えるため、35年間、気管支拡張症の治療に力を入れて、 試行錯誤の末、独自の電気針灸治療法を開発しました。そして良い成果を上げています。 気管支拡張症の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。 当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針灸治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。当院の針灸治療で、多くの症状が消失しました。特に咳、血痰、膿性痰や喀血の消失は生活の質を高めるのに役に立っています。

治療実績

今までの治療データから鍼灸治療は、感染症の完治、粘液の貯留や炎症症状の軽減、気道の閉塞の緩和、喀血や血液中の酸素濃度の低下、呼吸不全、肺性心といった合併症の予防には有効です。

気管支拡張症患者からの一言 今井様 女性 45歳
気管支拡張症 お陰様で気管支拡張症が治って、1年経って、最近のレントゲン定期検診でも「痰が全く無くなっている」といわれております。
「数ヶ月したら、また痰が黄色くなって、先生のところに行くことになる」と不安を抱きながら、生活をしていたのですが、大丈夫でした。どうもありがとうございます。
3か月間鍼灸治療でお世話になり、7年患っていた難病の気管支拡張症から解放され、感謝の気持ちで一杯です。とても嬉しいです。
もし今後体に不調がありましたら、またお世話になりたく、その際は何卒宜しくお願い致します。 (以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)
気管支拡張症患者大河原様からの返事 
最初の返信を頂いてから間もなく予約して 先日二度目の治療にうかがいました。 おかげさまで、初回後から気管支拡張症が確実に よくなっているのを実感しています。 咳と痰は少し残っているものの、 苦にはならない程度でした。 大変感謝の気持ちでいっぱいです。 引き続きよろしくお願いいたします。
気管支拡張症の鍼灸治療のメカリズム
気管支拡張症 当院独自開発した【肺透穴針】治療法:胸部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ気管支、肺の働きを改善する仕組みです。
1.【肺透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.気管支を健常化させます。
4.免疫細胞を活発化させ、呼吸器感染を修復します。
5.気管支、肺の働きを活性化します。

肺透穴針治療の実際
透穴針

1.当院独自開発した【肺透穴針】治療法:  特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、 寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

マスコミ掲載
特発性間質性肺炎

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
気管支拡張症 中国鍼灸院・中国整骨院